カネカロン / プロテックスとは? What is Kanecaron / Protex ?

カネカロン&プロテックスは、カネカが開発したアクリル系合成繊維(モダアクリル繊維)です。

アクリル系合成繊維とは?

アクリル成分(アクリロニトリル)の含有量が通常のアクリル繊維より低い(35%~85%)繊維の呼称です。

自己消火性とは?

空気中で燃え広がらず、火源を離すとすぐに燃焼が止まります。カネカロン&プロテックスの場合、燃えると溶解せずに炭化し、その炭化部分が延焼を防ぐ効果があります。

素材難燃繊維とは?

難燃剤の後加工処理による難燃繊維とは違い、繊維樹脂自体が難燃性を有した繊維です。

Kanecaron(カネカロン)

Kanecaron(カネカロン)

カネカロンは、アクリル繊維の特長であるしなやかさや染色性に優れた点を活かしながら、高い難燃性を兼ね備えた機能性繊維です。また、カネカロンはそれ自体が自己消火性を有した難燃繊維ですが、様々な天然繊維や合成繊維と組み合わせる(ブレンドする)ことにより、生地や不織布そのものを難燃化する効果があります。さらに、カネカロンは素材難燃繊維であり、洗濯等によって難燃効果が衰えたり消え落ちたりすることがありません。

Protex(プロテックス)

Protex(プロテックス)

プロテックスは、カネカロンの難燃性をさらに高めたモダアクリル繊維です。カネカロンの持つ特性はそのままに、難燃性と耐熱性を向上させたタイプで、ほかの易燃性繊維(コットンやポリエステルなど)と組み合わせても優れた難燃効果を発揮します。

ページの先頭へ